風邪の引きはじめに飲むだけだと思っていたしょうが湯

しょうが湯は風邪の引き始めによく効くと言われていますが、他にはどんな効果があるのかとインターネットで検索したところ、その効果はまだまだありました。やっぱり「風邪の引きはじめに飲むのがいい」というのがもっとも多く取り上げられていましが、他にもたくさんの効果が取り上げられていて、しょうが湯がダイエット効果や消化不良などの胃痛、胃炎、吐き気、または肩こり、神経痛、冷え性などの症状にといろいろと効果があるそうです。 しょうが湯の飲み方を調べてみても皆さんそれぞれで、いろいろな工夫されているようです。私の好きな飲み方は、シンプルなしょうが湯にレモンとはちみつをアレンジした飲み方と、しょうが湯に梅干しを入れて飲むアレンジが好きです。シンプルで簡単、懐かしくて美味しいの一言です。 たまにしょうが湯に焼酎を入れ、さらに梅干しを入れて飲むのもいいものです。特に寒い夜など手や足が冷えている時は身体がよく温まるので飲みます。しかも身体もポカポカしてよく眠れますし、冷え性の方にはぜひおすすめです。 肩こりや神経痛、腰痛などでお悩みの方にはしょうが湯のお風呂に入ってみてはいかがでしょうか。たまに温泉に行くとしょうがが入ったの湯船を見かけますが、身体も芯から温まりますし腰痛が辛い時に和らいだように感じます。 ぜひみなさんも冬の寒い日にはしょうが湯で心も身体もぽかぽかになりましょう。

Comments are closed.