油そばへのちょっとした誤解……いやでも、私だけじゃないと思う

「油そば」と初めてきいた時、フライパンで焼いて作るそばだから焼きそば、みたいなノリで、油で揚げるから油そばなんだろうと思っていました。今思うと、揚げてるなら堅揚げそばとかあるじゃんって感じですが。そんな誤解いっぱいだった「油そば」ですが、誤解がとけたのは初めて油そばがメニューにあるラーメン屋さんに行った時です。メニューにどんなラーメンかという説明も載っていたので、なるほど油そばってスープがないメニューなのか、と納得しました。せっかくなので頼んだところ、麺の上にネギやチャーシューなどが乗って、スープはないですが、黒いタレとたっぷりのごまがかかっていました。麺は極太でかなり食べごたえがあります。でも、しっかりタレと絡んで、くせになりそうな美味しさでした。ごまの風味も結構きいてますし。3分の1ほど麺を食べたところで、別皿の温野菜を入れて麺に絡めます。野菜もしゃきしゃきして美味しいんですよ。残りが3分の1ほどになったところで、お酢をかけると、また違う風味になりました。こんな風に、ちょっとずつ食べ方を変えていけるので、量は多めでしたが飽きずに食べ進めることができました。同じお店には、カレー油そばなるものもあったので、次はそれに挑戦したいと思っています。

Comments are closed.